irodoriピアノ教室 講師
岡村友里

東京都目黒区出身。
3人兄弟の末っ子として、育ちました。

お絵かきと歌が好きな子供で、小さなころの習い事は絵画教室と水泳でした。マイペースで、人見知り、母にベッタリというような性格でした。

当時、家には父の趣味で鳥の剥製がたくさんあり、鳥を観察してお絵かきするのが日課。

BGMは、大好きな童謡シリーズ。カセットテープのA面B面をひっくり返しては繰り返しかけて童謡を聴いていました。

幼稚園にピアノがあったこと、また、エリーゼの為にが流れるオルゴールが自宅にあり、その曲をとても気に入ったことなどがきっかけとなりピアノに興味を持ち始めました。

だんだんとピアノへの想いが強くなりましたが、母はヴァイオリンを習わせたかったようで、ヴァイオリンの先生のお宅へも連れて行かれた記憶があります。

ですが、どうしてもピアノを習いたかった私は、なんとか親を説得。(いえ、駄々をこねたのかもしれません…💦) ようやく5歳よりピアノを始めることになります。

通信簿などには「活発」と書かれていましたが、知らない人には人見知りがでてしまうタイプ。ピアノの先生のお宅では慣れるまでしばらく何も喋らないような静かな生徒でした。

何人かの先生に教えて頂きましたが、最初の先生は、少しご年配のとても優しい先生で無理なく手ほどきをして下さいました。母は、厳しい先生では、私が続かないと思って優しい先生がよいとお願いしたそうです。

いつも優しく励ましの言葉をかけて下さり、まだ小さかった私も、そんな先生だったからこそ難しいことも、ちょっと大変なことも、けて頑張ってこれたのかなと思っています。(今、私も生徒さんに同じような言葉をかけていたなと、とふと気づく時があります。)

また、その後は琴の師範でもあった母より手ほどきを受け、琴、小学生になり児童合唱団にて合唱にも親しみ、音楽がいつもそばにありました。

学校の伴奏なども頻繁に経験させて頂き、とてもよい思い出です。

1日6~8時間練習(もっと練習なさっていた方もいらっしゃいますが)、ピアノづけに近い生活は受験を決めてから。レッスンも厳しくなりました。

それまではいろいろなことに興味があり、スポーツでは水泳を長く習っていたので、吹奏楽などではなく、水泳部に入っていたこともありました。

 

音大でピアノを学び、その後、主に関東圏でピアノ、ソルフェージュの個人レッスン、グループレッスンなどで後進の指導をしてまいりました。

もう一つ学校をでており、一般の社会人としても勤務していた時期もあります。

 

10年ほど前に東京から三島へ。環状7号線の近くにすんでいた私は、三島の空気のきれいさ、そして流れる水のきれいさに驚きました。

昭和音楽大学にて行われていたピアノ指導法講座にはここ三島から4年ほど通い、多くのピアノ指導者の皆様とともに、主に子供のピアノ指導法を中心に、合わせて教材、作曲家別のピアノ作品や演奏についてなども改めて学びました。

近年では音楽でつながることをテーマに三島市にてソプラノ、チェロ、ピアノによるコンサートを主宰、現在もピアノソロ、アンサンブル、指導法、などの勉強を継続しています。

現在一児の母で育児にも奮闘中です。

この10年は忙しい日々が続きましたが、いつも音楽がそばにあり、時には楽しみや癒しとなり、時には生きる力となってくれました。

お勤めしていたピアノ教室や、その地域の素敵な先生方、素晴らしい恩師、ピアノ指導を一緒に学んだ先生方、素敵な音楽家の方々との出会いはかけがえのないものでした。

音楽を通して、今後お教室の皆様とも一緒に楽しい時間を過してまいりたいと願っております。

 

・一般社団法人 全日本ピアノ指導者協会 指導者会員